C group summer collection!!

SAM japan 嶋田です。

先日、当社のCグループのsummer styleのビジュアル撮影のメイクで同行させて頂きました。

1年に4回のトレンドスタイル製作

春夏秋冬と年に4回、グループ毎に予算を出し、トレンドスタイルの製作を行っております。

流れとしては

1.僕K.shimadaによるトレンド分析と発表

                                   ↓

2.それを踏まえた各グループC.Mによるリアル分析

         ↓

3.各グループのテーマ、モデル、シチュエーション、衣装、担当の発表

         ↓

4.ブック、コラージュ、企画書の提出

         ↓

5.GOサインが出たら撮影

今回のK.shimadaが出したトレンド分析

◯テーマ「color wear」

様々なcolor、柄、色が混在するブランドが大半を占めていた。

今期は、2020年以降の経済的な不安と2020年までの好景気と世界経済の様々な急激な変化の入り混じった世界観を上手に表現してると感じた。

表題の「カラーウエア」
話して単純に直訳すると色を纏うですが、色を纏うのは自分だけ。 背景としては退廃的な、少し寂しさも感じるビジュアル。アフリカ、中東などの雰囲気も感じさせる表現が多かった。

背景もカラフルで、人もカラフルだと、ハッピーな「時代に紛れる」と言う意味も感じとられ、時代が主役という事を感じるが、正反対な世界を表現してると言う事はこんな時代だからこそ、「人が主役」という事を表現しているビジュアルに捉える事が出来た。

そこで今期、SAで表現したいビジュアルは

ドライ&カラフルhair
今まで懸念されていたドライ感を現代のオシャレに変えて、「ブリーチ」&「パーマor強めのカールスタイリング」

eye
「圧倒的なボリュームとカラーのミックス」

を念頭においてデザインして下さい。

では、作品楽しみにしています。

チームに任せるということ

今までは実はほとんどののビジュアルをK.shimadaが担当していました。

今回からはある程度、指示と予算は出した上でチームに任せてチェックしていく

という方法に変えてみました。

正直作るのが大好きな僕としては、どちらかというと指をくわえて見ている形になってしまっていましたが笑

【任せる】ということは丸投げしてしまうリーダーが多いと思います。

例えば「じゃあ、衣装は君お願いね」

「じゃあメイクは君」

「ヘアーは君」

「場所は君決めておいて」

・・・。

話になりませんね。仕事来なくなる典型的なパターンです。

誰もついてこない典型的なパターンです。

例えはプロフェッショナル同士で何かを作ろうという時でも絶対そんなことにはなりません

中心でディレクションする人がいて

全てのイメージとゴール設定、細かい指示と決め事は全てその人が把握していて

その中でプロ達がゴールに向かって提案をしていきますよね?

そこからの各プロフェッショナル達の化学反応が起こることで更なる予想以上のものが作れます

しかしダメリーダーがやりがちなパターンは

上記の方法で、仕事やってる気がしている

まさしく勘違いリーダーです。

今回のCグループの撮影はいい感じだったように感じます

 

実は一度崩壊したプランがあります笑

プランの再構築と、作品のクオリティーで挽回して欲しいものですね

まだ追記します笑

see you!!!    K.shimada

 

 

 

 

広告

求人用冊子で伝えたいこと

SAM japan 嶋田です

求人用の冊子を製作しました

もちろん写真、文、構成全てオリジナルの物です1-8

4-52-3

6-7とにかくこの誌面で伝えたいこととしては

【リアル】

・この組織が何が目的で、どこに向かっているのか?

・そんなかでスタッフ達がどんな活躍をしているのか?

・どんなリアルワークをしているのか?

そんなことが見て感じられ、全ての人達の刺激になれれば幸いです。

是非ご覧ください。

※最近更新がなかったのは、ひたすら上の冊子を作っていたからです。

頭の中パンパンで2日で完成

雑誌作ってる人達は、毎月やってるなんて

天才だなーって思いました笑

see you!!!    K.shimada

べたな結婚式がやっぱりなんだかんだ言っても感動するなという話

対談方式の取材がしてみたいSAM japanの嶋田です

本日友人の結婚式に参加してきました

この年になりますと、中々結婚式というものに参加することもすくなってきていましたが

久しぶりに参加させていただいて、20代前半の頃に参加してた頃とはまた違う感覚で楽しむ事が出来ました

ちなみに本日はドン小西ばりのファッションで突入

みんなに突っ込まれた靴は【GUCCI】です

気合の入ってる日しか履きません

朝は、新郎のお母さんのヘアメイクからスタート

新郎のお母さんは、いつもお世話になっている方で、中学時代から、本当にいつもよくしていただいている大変恩義のある方でしたので、

是非、僕にヘアメイクをと志願させていただきました

昔は只楽しんでるだけだった

20代前半に参加していた結婚式は、是非にとお世辞でも言えない技術力と経験不足でしたので、ただただ楽しんで参加してるだけでした

今思うと、祖母が死んでしまった時もまだまだアシスタント時代

その時、なんで今俺は何にも出来ないんだ。一度は髪の毛を切ってあげたかったと自分の無力さを感じた事を思い出しました

でも今は是非私にやらせてくださいと言えるようになり、その自分の技術で大切な日を任せてもらえ、笑顔になっていただける事に多大なる喜びを感じられます

一日でも早く人の為に何かできる人になりたい

いつもいつもそんなことばかり考えながら、寝る前に今日はやり残したことないか

もっともっと何かできるんじゃないかと毎日精進していたらこんなドン小西が生まれてました笑

しんや結婚式

新郎泣きすぎでした笑

入場から、最後の挨拶まで終始泣きっぱなしww

しんや結婚式2

奥さんこんなに笑顔なのに

さすがマザコンしんやさんですww

写真 2017-04-09 15 16 34

衝撃的に可愛かった、リングガール

写真 2017-04-09 14 30 51

アメリカかって突っ込みたくなるようなデコ新郎オープンカー

ちなみにVOLVOなのでスウェーデン車ですがww

後ろにはバドワイザーの空き缶が大量に紐でつなげてありましたが、全て自分が飲んだビールの空き缶だそうです笑

突っ込みどころ満載すぎてとても楽しい式でした

昔からエンターテイメント性が高く、笑っていいともにEXILEのMATUのそっくりさんで出演していたり、話題の耐えないしんやくんでしたので、式でも

・チャペルのくだりがコントの様

・入場は上のオープンカーを使って登場しチャラい音楽流れてくる

・次の入場バイクで入場してきたら、雨で濡れた芝生で転ぶ

・終始泣き続ける

・新郎側も新婦側も全ての余興をやってしまう

などなど

とにかく楽しませていただきました

最後のお父さんの挨拶が本当に最高でした

「親バカと分かっていながら言わせて頂きます」

「聞け、しんや」

「お前は昔から誰よりも目立ちたがりやでお調子者だった」

「だが、お前はそんなことしなくても、かなりいい男だ」

「もっと自分に自信を持って、これから家族を守っていきなさい」

深い・・・・

わかります。しんやくんはとてもいい男なのです

優しく、周りの事をいつも盛り上げてくれ、汚れ役も喜んで買う

真面目で、目標達成能力の高さは天下一品です

さすが父。

しんやくんの事を知っている方なら、お父さんの言葉の本当の意味がわかったはずです

やはりべたな結婚式のくだりはいつ見てもいいですね

写真 2017-04-09 15 13 25

色々な国や、土地の結婚式も見てみたいですが

なんだかんだ日本のこのスタイルの結婚式はいつも涙腺持っていかれます

今の時代、格安結婚式やむしろ結婚式しないという方も増えてきていますが、

心引き締まるこのスタイル

やってみたら分かる素敵な時間ですよ

しんやくん、かよちゃん本当におめでとう

お幸せにっ

では皆さんまた明日

see you!!!     k.shimada