最近「ヴィーガン」デビューしまして、食物連鎖について物凄く考えてみました。

SAM japan の嶋田です。

約2週間前ほどから、なんとなくヴィーガンになってみようかな

(本物のヴィーガンの方達には怒られそうですが笑)

と思いつき始めてみました。

eating11-1_02ヴィーガンとは?

ヴィーガン

簡単に言えば動物製品は一切口にしないという事です。

肉、魚はもちろんの事、バター、卵、お味噌汁の出汁などもNGです。

マインドコントロールの得意な私としては

「今まで死骸を食べていたなんてどうかしていた」

「I,m ヴィーガン」

と言い続け、マインドセット完了

はっきり言って

全く動物製品を口に出来なくなってしまいました。

(もちろん色々な思考の方が沢山いらっしゃると思いますので、様々な食生活を否定する事は一切ありませんが)

主食は、米、野菜、豆です。

ただ単純に少しストイックな気持ちを常に持っていたいと思って始めましたが

一週間以上が過ぎ、コンビニに行っても外食に行っても、全く食べるものがありません。

こんなに動物製品ばかりが主流だったとは、なってみて初めて気付きました。

そんな頑なに口にしない私を嫁ちゃんが、モーニングに誘ってきました。

出てきた料理は

「目玉焼き、ソーセージ、サラダ、ご飯、味噌汁」

S20130610014002A_000

もちろんいつもの様に目玉焼き、ソーセージ、味噌汁は残しましたが、

ふと、、、。

私「もし、人間が卵を全く食べなくて全部が孵化してたら世界中はひよこだらけなんじゃないの?」

と素朴な疑問を投げかけてみました。

嫁ちゃん「そもそも、人間の食生活は紀元前は動物ばかり食べて生きてきていたのだから、

マクロビが推奨され始めたのは戦後の話で、動物は必ず分量を考えて食べたほうがいいに決まってるでしょ」

嫁ちゃん「過剰摂取はダメだけど人間が動物を食べる事は食物連鎖の一つなのだから、食物連鎖のバランスを取れないってことは、イナゴの大量発生や、それこそあんたの言ってた、ひよこ大量発生みたいな事になるに決まってるじゃない」

「って事は、日本の企業にも言える事だよね?みんながフラットを求め始めて、労働基準法で働く人たちが守られて、最低賃金があって、税制、憲法でほとんどの国民がフラットに整地されているから、結局、食って食われてがなさすぎてある一定の職種がどんどん増え続けていたりしてバランスが悪くなり始めているんだね?」

私「食生活から食物連鎖を否定する様な事をやってしまったら、動物的な人間の本能が下がってしまい業績が下がっちゃたら問題だね」「食べます」

とまあ、いつも通り仕事の話になって食物連鎖の話は幕を閉じました笑

その卵と、ソーセージは残しましたが

次の日はお刺身を食べました。

そして次の日なぜか発熱しました。

何がいいのやらわかりませんね笑

一度マインドセットしたものは中々元には戻りません

だんだん体を慣らしていこうと思います

se you!!!    K.shimada

 

 

 

 

広告

劇団四季「アリエル」見に行って感じた事

最近対談方式の取材がしてみたいと思っていますSAM japan 嶋田です。

具体的にどんな事かというと、単純に著名人に色々な質問を投げかけて、対談方式の記事を書いてみたいからです。

劇団四季「アリエル」に行ってきました

写真 2017-04-12 14 43 33

お恥ずかしいながら、劇団というものは初めて見に行きました。シルクドソレイユなどは沢山拝見させていますが、劇団四季は初めてでした。

NYで見たブロードウェイの劇場の感じかなと胸をドキドキさせながら行ってきました

入場

去年の10月に劇場が移転しているだけあって、すごくきれいでした。

開演前に映画気分でポップコーンを売店で買いまして、

席について食べていたところ、

「場内飲食禁止です」

「飲食はロビーでお願いします」

と注意されてしまいました。

私としたことが、、、。

今から本物の劇団を見て欲しいという劇団四季の方々の気持ちを尊重できていなかったと反省しました。

本当に見事でした

アリエルとは女子の好きなジャンルを選んできたなーと軽い考えで行ってしまった私がとても恥ずかしい

演出者の方達の迫真の演技と、エンターテイメント性、ポジティブなオーラと、熱量

どれを取ってもそりゃ飲食禁止だわと思わせてくれる演技で、とても勉強になり

まぶたを閉じるのも忘れるほど楽しませていただきました。

やはり、ジャンルの違う本気のクリエーター達には勉強させられます

写真 2017-04-12 13 07 32

これだけの人の前で迫真の演技を行い、すべての人たちから、拍手喝さいを浴び、人々を感動の渦に導く

そこまで行くのにどれだけの熱量と努力が積まれてきた事か、見たらすぐわかる劇でした

演技、照明、音響、環境作り、すべての項目が

プロフェッショナルであり完璧なシンクロこそが、この感動を作っているんだと思うと、そんなチームが作りたいなと感じながら

あっぱれと思いながら帰路につきました

思う事

すべての事に言えるのですが、やはり、やり続けて、結果を出している人たちが本当にカッコよく見え尊敬します

もちろん金勘定なんかは全く関係なく、私たちの使命はこれなんだと強く思い何があってもやる続ける先にこの感動があるんだなと感じました

帰りのプチネタ

嫁ちゃんが甘いものが食べたいと言い出すのはもちろん知っていました

そして覚王山の「シェシバタ」にお邪魔して美味しいケーキを

頂きました

ではまた明日

see you!!!   K.shimada

べたな結婚式がやっぱりなんだかんだ言っても感動するなという話

対談方式の取材がしてみたいSAM japanの嶋田です

本日友人の結婚式に参加してきました

この年になりますと、中々結婚式というものに参加することもすくなってきていましたが

久しぶりに参加させていただいて、20代前半の頃に参加してた頃とはまた違う感覚で楽しむ事が出来ました

ちなみに本日はドン小西ばりのファッションで突入

みんなに突っ込まれた靴は【GUCCI】です

気合の入ってる日しか履きません

朝は、新郎のお母さんのヘアメイクからスタート

新郎のお母さんは、いつもお世話になっている方で、中学時代から、本当にいつもよくしていただいている大変恩義のある方でしたので、

是非、僕にヘアメイクをと志願させていただきました

昔は只楽しんでるだけだった

20代前半に参加していた結婚式は、是非にとお世辞でも言えない技術力と経験不足でしたので、ただただ楽しんで参加してるだけでした

今思うと、祖母が死んでしまった時もまだまだアシスタント時代

その時、なんで今俺は何にも出来ないんだ。一度は髪の毛を切ってあげたかったと自分の無力さを感じた事を思い出しました

でも今は是非私にやらせてくださいと言えるようになり、その自分の技術で大切な日を任せてもらえ、笑顔になっていただける事に多大なる喜びを感じられます

一日でも早く人の為に何かできる人になりたい

いつもいつもそんなことばかり考えながら、寝る前に今日はやり残したことないか

もっともっと何かできるんじゃないかと毎日精進していたらこんなドン小西が生まれてました笑

しんや結婚式

新郎泣きすぎでした笑

入場から、最後の挨拶まで終始泣きっぱなしww

しんや結婚式2

奥さんこんなに笑顔なのに

さすがマザコンしんやさんですww

写真 2017-04-09 15 16 34

衝撃的に可愛かった、リングガール

写真 2017-04-09 14 30 51

アメリカかって突っ込みたくなるようなデコ新郎オープンカー

ちなみにVOLVOなのでスウェーデン車ですがww

後ろにはバドワイザーの空き缶が大量に紐でつなげてありましたが、全て自分が飲んだビールの空き缶だそうです笑

突っ込みどころ満載すぎてとても楽しい式でした

昔からエンターテイメント性が高く、笑っていいともにEXILEのMATUのそっくりさんで出演していたり、話題の耐えないしんやくんでしたので、式でも

・チャペルのくだりがコントの様

・入場は上のオープンカーを使って登場しチャラい音楽流れてくる

・次の入場バイクで入場してきたら、雨で濡れた芝生で転ぶ

・終始泣き続ける

・新郎側も新婦側も全ての余興をやってしまう

などなど

とにかく楽しませていただきました

最後のお父さんの挨拶が本当に最高でした

「親バカと分かっていながら言わせて頂きます」

「聞け、しんや」

「お前は昔から誰よりも目立ちたがりやでお調子者だった」

「だが、お前はそんなことしなくても、かなりいい男だ」

「もっと自分に自信を持って、これから家族を守っていきなさい」

深い・・・・

わかります。しんやくんはとてもいい男なのです

優しく、周りの事をいつも盛り上げてくれ、汚れ役も喜んで買う

真面目で、目標達成能力の高さは天下一品です

さすが父。

しんやくんの事を知っている方なら、お父さんの言葉の本当の意味がわかったはずです

やはりべたな結婚式のくだりはいつ見てもいいですね

写真 2017-04-09 15 13 25

色々な国や、土地の結婚式も見てみたいですが

なんだかんだ日本のこのスタイルの結婚式はいつも涙腺持っていかれます

今の時代、格安結婚式やむしろ結婚式しないという方も増えてきていますが、

心引き締まるこのスタイル

やってみたら分かる素敵な時間ですよ

しんやくん、かよちゃん本当におめでとう

お幸せにっ

では皆さんまた明日

see you!!!     k.shimada