暇な時ほどその人間の本質が見える

11月前半、少しお店が落ち着いてきていますが

そんな時ほど人間の本質が見えてくるものだとよく感じます

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-17-32-32%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

忙しい時は、気分も上がって、更に色々なことに挑戦したくなるものですが、

時間に余裕があったりする時ほど人間ダラダラして、何かをやろうとかいう気もなく、むしろくっちゃべったりしています。

今の自分が次のステップにいけるチャンスだと感じて動ける子もいるのですが、ごく一部。

暇な月になるとそんな光景をよく目にします。

昔から、お勤めしている時も、暇だからこれをやろうとか、こんなサービスをしたら顧客様だが喜ぶのではないかとか、出てくる話はサブ的な事ばかりで、本質を突き止められてなく、つまんないミーティングが多かった記憶があります。

どこまでいっても僕らの仕事は、

「装飾美」

であり、それに伴い、人間性もとてつもなく外見に比例してきます。

ダラダラ日常を過ごしている人達に魅力的なオーラが纏えるわけありませんし、そんな人達に私だったら施術して欲しくありません。

その人間を見ていればその人間がどんな事を考えており、どんな行動を日常からしているのかが手にとるようにわかるようになってきました。

恐らく占い師になれる気がします。笑

そんなこんなで、私たちの仕事

「装飾美」

について少し書きたいと思います。

当社では、美容室、アイラッシュ、ヘアメイクでの外部活動を種に運営させていただいております。

どれをとってみても全て「装飾美」

であります。よく美容は内側からなどと言いながら、化粧品を売っている美容室なんかも見かけたりしますが、そもそも、化粧品を売るのはエステの仕事です。

勘違いしてはいけません。本末転倒です。お客様は美容室アイラッシュサロンにそれは求めていません。

その一瞬を、その一ヶ月をどれだけモデルさんを、お客様を可愛くできるかが僕たちの仕事であり、

僕らの仕事はそれ以外には存在しません。

一日一日、どれだけ自分がステップアップできたか、

どれだけお客様を可愛くできるようになったかをひたすら煮詰める必要がありますし、

広告宣伝なんかも、今エンドユーザーが求めているものと、自分たちに打ち出したいイメージとのマッチングがものすごく重要になってきますしそれに対してものすごく頭を使い打ち出しているサロンは本当に強いと思います。

逆にどこかの真似事だなと思うようなサロンは一番つまらないですが・・・。

「自分のやりたいことだけやっているのはただの自己満にでしかありません」

本物のプロフェッショナルになりましょう。

とにかく、全ては自分達の未来のビジョンに今日、どれだけ近づけたかが重要です。

なんとなく日々を過ごしてしまうのではなく、ポイントは

日常の少しの抜け感と仕事においては抜かりない人間になる

ことこそが、

お客様から支持を受けるスタイリストになる第一条件なんじゃないかと思います。

K.shimada

広告